ブログ

【お知らせ】お手紙セッションについて

こんにちは、スピリチュアルジュエリーデザイナー三宅雅子です。

2016年1月末まで受付中の期間限定セッション、たくさんのお申込みありがとうございます。

>>

おかげさまで今年で6年目。

もう6回も神様からの手紙をみなさまにお届けしているんだなあと、その長さに驚きました。

最初は、一人目の子どもが生まれて、小さな子がいてもお仕事できる形はないかな?という手探りから始まった企画でした。

思えばこの「その年を応援してくださる神様からお手紙をいただき、みなさまへ届ける役目」というのは私の天照大御神さまにいただいた初めての「神様からの手紙」だったのかもしれません。

 

6年続けてこられたのは、赤ちゃんがいても、家族がいても、いなくても「私」にできる役目がある、ということを根気強く教えていただいた結果だと思います。

もちろん、最初の年からお申込み続けてくださったお客様、途中から毎年頼んでくださる方、ご新規の方、久しぶりにお申込みいただいたお客様たちのおかげもあります。

さらに、この特殊な仕事を見守り応援してくれた、家族や仲間たちのおかげです。

IMG_0876_R

さて、ちょっとドキドキされている方もいらっしゃるでしょうか^^?

結論を申しますと、完全にやめるわけではありません。

最初の年から6年続けてきた、「便せんへのお手紙」(通常のお手紙セッション)を、来年からは手放そうと決めました。

来年以降は「十二之月神詞~ジュウニノツキカミコトバ~」と「お手紙セッションプレミアム」にさらに集中したく、魂を込めて神様からのお言葉を書きおろしていくつもりです。

今回、本当に多くの方からお申込みをいただき、正直手が回らないくらいだと感じました。

事実、例年よりお待たせしてしまっている方もいらっしゃいます。

まだまだ下の子は赤ちゃん。

その日の機嫌で、私の体力が左右されることも日常です。

家族との時間も大切にすることが、私が仕事を続けるうえでの第一条件。

その時間に影響するくらい、みなさんからの熱い思いでお申込みいただけたことは本当にありがたく、感謝しております。

ですが、これから私が大切にしていきたいものを考えた時、「通常のお手紙セッションを手放す」という結論が一番しっくりきました。

お手紙セッションは本当に大切な、私のライフワークの一部となっていました。

お手紙上で関わらせていただいたお客様、本当にありがとうございます。

今年までは精一杯、通常のお手紙セッションも心を込めてお届けいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

何かの形でこのお手紙セッションも引き継いでいければと考えておりますので、そこはあたたかく見守っていただければ幸いです^^

 

関連記事

ページ上部へ戻る